寄附講座

「農林中央金庫」次世代を担う農企業戦略論

分野ホームページ

研究キーワード

農業経営、農協、経営戦略、経営の多角化、経営支援、ガバナンス、ネットワーク

研究テーマ

農業経営のマネジメントとガバナンス
農業経営体の持つネットワークの特徴
現代における農協の役割と意義

スタッフ名、職名

分野概要

1 「農林中央金庫」寄附講座
 本講座は、農林中央金庫の寄付により、2012年4月1日に設置された講座です。大学の寄附講座という特性から、「研究」だけでなく「教育・普及」活動も重要な使命であるとの認識を持ち、農林中央金庫および農林中金総合研究所の関係者をはじめ、大学関係者や行政関係者、農業生産者など、多くの方々にご協力をいただき、講座の運営を行っています。

2 講座の研究・教育・普及活動
 「研究」活動に関しては、農業の現場からの具体的要請に対して、多様な人材の確保・育成や農業経営体の展開方向に関する課題に対して、地域産業クラスター(六次産業化、農商工連携含む)等の地域・産業ネットワークを重視しながら、多面的な角度からの研究を行っています。
 次いで「教育」活動については、学部の開講科目として「農業経営の未来戦略」を、大学院の科目として「次世代型農業の統治と経営」を担当している。それぞれ、通常の講義形式に加え、その分野で先進的に活躍されている専門家の招聘講義やケーススタディを組み合わせています。
最後に「普及」活動に関しては、農林中央金庫および農林中金総合研究所の研究者、大学や行政関係者、農業生産者など、様々な分野で先進的にご活躍されている方々を招聘し、春期と秋期にシンポジウムおよびパネル・ディスカッションを開催しています。
  • lab10-img01
    菜の花プロジェクト
    行政発・育成型コミュニティ・ビジネスとして大成功を収めている三重県伊賀市の菜の花プロジェクト。ナタネ栽培面積は西日本最大を誇り、栽培主体の自発的な参加を促していることが特徴。
  • lab10-img02
    徳島県内でのフィールド調査
    地域の高齢者が集う集落カフェの開設直前の写真。設立に際し、その運営方法や地域の課題に関して学生・院生と地域住民が意見やアイデアを出し合う。
  • lab10-img03
    「農林中金」シンポジウム
    「農林中金」次世代を担う農企業戦略論講座が行う、春と秋の二回シンポジウム。先進的な農業経営者及びその支援機関等が登壇するパネルディスカッションを開催。
  • lab10-img04
    六次産業化ネットワーク
    経営資源・市場・地域のあり様により、六次産業化を推進していく農業経営体の経営は規定される。また、そこに発生するコンフリクトへの適切な対応が経営発展には必要。

その他の研究室

pagetop